自分を知る・get to know yourself

今日は朝起きたら真っ白!11月上旬で、バンクーバーは初雪です。今年は大雪になるそう〜!真冬のコーディネートなんかも載せたいですね〜。

さてさて、初めの方のブログで、

 

じぶん

 

を知っているからファッショニスタやインスタグラマーなどと呼ばれる人たちは、

モデルじゃなくても、

格好が様になっているんだと思う。と書きました。

(その記事はこちらから)

 

じぶんを知るってなんだか複雑なのかなとか、難しそう!って思いがちですが。。。そんなことはないと思います。というか、これは常にon goingなことなので、いつが終わりなんてものはありません。どんなに素敵なひとだって、新しい自分をディスカバーすることはいつもあると思います。

 

じゃあ、何をしていったらいいの?って話ですが、マテリアルがあると分かりやすいので、ファッションでお話ししていきますね。

まず、自分の好きなもの。

ファッションでは、スタイルや、色、自分の好みが分かれますよね。

好き=似合う

では、残念ながらありません。ファッションの場合、生まれ持った骨格や、身長、肌の色など関係してくるので、それによって左右されることも多々です。

じゃあ、なんで好きなものを知るといいのか。

それは、

好きから生まれる自信や自己の尊重

があるから。

自分の思っていることを外に出すことは、自分を出すということにつながりますよね。

わたしは自分の経験でよくあるのですが、自分一人で考えているより、

だれかと喋って自分が口に出したことを自分の耳で聞いて、

『あ、こう思ってるんだ自分』とか、『言ったわいいけど、本当にそうなってるか!?』

とか、いろいろ思うし自問するんです。つまり、自分を知るということに最終的にはつながります。

 

さて、ファッションにおいては、まずそのステップとして、

鏡をみる!

なんでもいいです、顔だけとか、姿見とか。とにかく、自分はどんな顔をしていて、どんな体型なんだと知ることが重要です。

そんな、自分の顔なんて!体なんて!みたくない〜〜〜〜〜〜!

って思いました?

そうなんですよ。誰でもそうだと思います、俗に言うナルシストと言われる人たち以外は。

ただ、人って少しでもuncomfortableなこと(不快・不自然・いつもし慣れていないこと)をすることで、今の状態よりより良い進化したところにいれると思うんです。

と、いうことは、ちょっとでも鏡をみて自分の顔の特徴や、体のライン、皮膚の色などを知ることで、なにが似合うのかそして、似合うものの中で何が好きかわかってくるんです。だって、目が肥えるでしょ?それだけ自分のこと見ていたら。もし、センスがなくても、自分をちょっとでもわかっていたら、ファッションアドバイスや、パーソナルショッピング、そしてカラーコーディネートのセッションなどを受けたあとでも、それを使って自分らしさを見せることが可能になるのです!そして、そこからどんどんevolve(進化)していけばいいのです。

だから、ここ10年くらいなんか違うな〜とか、またいつもと一緒って思ってるあなた。

ちょっと自分の顔や身体、鏡で見てみてくださいね。新しい発見があるかも。

Thanks for reading xoxo

monaRISAsmiles



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *